2018-Apr
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
あゆみの里は、兵庫県知的障害者施設協会に加盟しており、その中の委員として1名職員を派遣しております。
委員の仕事は主に職員向けの研修会の企画や利用者さんの綱引き大会の企画で、こういった外部団体での活動が当事業所の活動のヒントになる事もあります。
今の時代、施設単体ではなかなか良い運営はできません。横のつながりをもって、他施設と情報交換を行い連携していく事で、協力し合いながら厳しい福祉情勢を乗り切っていきたいと思います。
(森井)


*協会事務局のある兵庫県福祉センターです。

comments (x) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
自主研修
4月23日(土)に自主研修を行いました。テーマは“連絡帳の書き方”です。私たちは各担当利用者様のあゆみの里での様子を連絡帳で報告させていただいています。ご家族様に分かりやすく丁寧にお伝えする為にはどのような書き方がいいのかということを講義で学びました。



講義の後は人を褒めるという実技をしました。いろいろな項目が書かれたカードを引いてその書かれている項目について隣に座っている上司・先輩・後輩を褒めるといった実技です。
例えば、“服装について”や“短所を長所に言い換える”などです。



人の良いところを見つけて上手に相手や第三者に伝えるということは簡単なようで難しいことです。でも、日頃から人の良いところを見つけようと心掛けていると自然と伝えることができ、相手との信頼関係にも繋がると思いました。利用者様との信頼関係を築くためにも利用者様の良いところをたくさん見つけて、利用者様やご家族様に連絡帳はもちろん直接、お伝えできるように頑張っていきたいです。
(濱本)

comments (x) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
自主研修~あゆみの里~
3月29日(火)に多目的ホールにて「自閉症研修」をしました。自閉症の方の特性を学びました。また、疑似体験をして自閉症の方々がどんな生活を送っているのかを知る事が出来ました。今回の研修で学んだ事を現場で生かしていきます!!
(高原)


comments (x) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑

1月23日(土)
職員会議後の内部研修の後は・・・・。
A棟会議、B棟会議でも各棟ごとに内部研修です!!

A棟では「利用者を支援するということ」を学びました!!


B棟ではグループワークでのロールプレイをして利用者支援を考えました!!

A棟B棟ともに利用者様の支援を考える研修です。
学んだ事は即実践!!早速、今回の研修を生かします!!
(山口)


comments (x) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
内部研修~あゆみの里~
1月23日(土)職員会議後に内部研修をしました。
研修内容は「自閉症の基礎知識~その特性と対応の基本~」、「苦情解決~家族との信頼関係の構築~」の2つです。


研修で学んだ事を生かしてあゆみの里の職員が利用者様とご家族様が安心して利用できるように頑張ります!!
(村武)

comments (x) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
11月28日(土)内部研修で「感染症予防研修」を行いました。冬場に流行するノロウイルスとインフルエンザについての基礎知識と嘔吐物の処理の実技を看護師の指導のもと学びました。この冬はインフルエンザとノロウイルスが流行しないように今回の研修で学んだ事を実践します!!
(木下)



comments (x) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
県知協施設長会議に出席
 3月5日、兵庫県知的障害者施設協会主催の「施設長会議」に出席しました。
これは、施設長などの幹部職員を対象とした研修で、3回シリーズで実施されます。
 本日は1回目。兵庫県障害者支援課の課長補佐様から、行政説明をしていただきました。先日開催された、全国課長会議の資料に基づいた説明で、
特にこの4月から実施される「障害者総合支援法」の内容を詳しく説明していただきました。

 その後の講演では、「シムゥエルマン」の飯村氏より「障害者総合支援法下にける施設経営について」という題名で、これから、社会福祉法人がやるべき事業について、戦略を中心に話をいただきました。コンサルタント的な視点からの話と現場レベルの視点の話を合わせて聞くことができ、戦略の必要性を感じました。

 多くの施設長方に混じって聞かせていただき大変有意義な会議でした。

ちなみに・・・前のボードに張り出してあった横幕ですが、当施設の大判プリンターで作成したものです・・・ちょっと寸法が合ってませんでした。
       もうしわけございませんでした。
                                   (大西)

comments (x) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
2月28日に兵庫県福祉センターにて、兵庫県知的障害者施設連盟主催で行われた、新任研修会へ行ってきました!講師は社会福祉法人「ひとは」の寺尾文尚氏で、テーマは「虐待」。当事者からの声を主な視点とし、様々な声が私たちの心に本当に響きました!2年目を迎える私たちの、どこか手馴れてきた部分を改めなおす、良い機会となりました!!
(加古、山本)


comments (x) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
毎年2月に入ると、たくさんの研修会が開催されます。なぜ2月に多いのか?各団体が年度内に予算を使い切ろうとするのか、それともお尻に火がつかないと企画できないのか…。いろいろと疑惑はありますが、新人向けの研修会や行政関係の研修会等は時期的にはタイミングが良いと思ったりもします。今月は市知連職員部会関係の地域移行がテーマの研修会、皆様ご存知の、超過酷全国レベルの研修会アメニティーフォーラム、県知協関係の新人研修会etc…、様々な研修会に行きます!決して無駄にしないよう、必ず職場に役立つものを持ち帰って、支援に反映していきたいと思います!![:ムキムキ:]
(森井)


comments (x) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
 本日、平成24年度第6回法人内部研修を「今、考える。ボランティア活動とは?」というテーマで、日頃からお世話になっているボランティアについて、改めてその意味や対応の方法を考える機会をもちました。
 今回は、神戸市西区ボランティアセンターよりボランティアコーディネーターの喜多山芙佐氏をお招きし講演をいただきました。ボランティアとは何か、ボランティアをされている方々の思い、センターとしての考え方等、多方面からボランティアを語っていただきました。
 その後、グループディスカッションを実施し、職員それぞれのボランティアの受け止め方、法人における課題点等を話し合いました。自分のためにも法人のためにもボランティアの受け入れは必要という意見が多く出された一方、日頃の態度について、あいさつが不十分、コミュニケーションがとれていない、等の反省点が多く出されました。
 最後に再び喜多山氏から、施設へ望むことが話され、私たちの課題が見えてきたように思います。「きごこちのいい」「いごこちのいい」施設を目指し、これからも気持ち良く対応していくことを確認できたと思います。
 喜多山様貴重なお時間をどうもありがとうございました。ボランティアの皆様、まだまだ不行き届きの点があろうかとおもいますが、今後もどうぞよろしくお願いいたします。
                                   (大西)




comments (x) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
あゆみの里スタッフブログ
横 265 pixel 縦 200 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 265 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。