2018-Sep
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
 本日、私は新任職員ステップアップ研修に参加しました。今回の研修では、3コマに分けて行い、仕事の基本姿勢、現場での経験についてのグループ討議、ストレスの仕組みと対処の方法について学びました。

 仕事の基本姿勢では、基本は①周囲をよくみる。②共通行動をとってみる。③わからないことは尋ねるといった3点を身に着けてることが大切であるということと、今までは人から指示を受けて行動をすることが多かったと思うが、これからは自分自身で考えて行動をし、目的意識をもち、自分の未熟さを受け入れて行動をしていくことが新任職員から中堅職員へのステップアップになると学びました。

 現場での経験についてのグループ討議では、グループ内ごとに分かれて、現場の中で不安だったこと、戸惑ったこと、楽しかったことなどについて共有をしました。
 共有を行った事例の中で重要だと考えるものについて、改善、向上に努めたいものを選んで討議を行いました。
 私が参加したグループでは、現場の中でよくないこと(片麻痺の利用者の麻痺の箇所を無理やりに引っ張って介助をする)をよく指摘をする職員が裏で陰口を言われている状況があり、その為、気になることを言い合える職場になるにはどうしたら良いかといった内容を討議しました。
 討議した結果としては、まずはポジティブな意見を交換する場が必要ではないか、日ごろからそうした話をすることなく、ネガティブな指摘を受けると理解はしても納得することは難しいのではといった結論となりました。
 討議を終えると講師の方から、「問題を解決する為には、現場の皆が当事者意識をもって物事に取り組むことが必要です。まずは自分から行動を起こし、職場の平均をあげる人を目指して欲しい」といった言葉でまとめられていました。

 3コマ目には、ストレスケアがなぜ必要なのか、ストレスケアをする方法について学びました。
 ストレスケアが必要な理由としては、対人援助職はバーンアウトに陥りやすいといった調査結果を背景としているとのことでした。
 バーンアウトとは何かと言いますと、長期間、人を援助する過程で、心的エネルギーが過度に要求された結果、症状として相手への関心・気遣いがなくなったり、仕事への意欲低下、体力低下などに陥ることを指すものです。
 背景としている調査結果としては、2つ提示され「平成29年度の新任職員ステップアップ研修参加者へのアンケートで仕事や職業生活に関することで強い不安、悩み、ストレスはありますか。」といった質問に対して91%の人があると回答をしていること、NPO法人大阪障害者センター障害者施設職員のメンタルヘルス調査報告書2011年では、メンタルヘルス不調者は62%であるといった調査結果の提示がありました。
 そうした背景から、対人援助職はバーンアウトに陥ることのないようにストレスに上手に付き合って いくスキルをを身に付けることが大切だということでした。

 ストレスケアをする方法としては、コーピング(ストレス対処法)とソーシャルサポート(社会的支援)といった2つの手法を学習しました。
 コーピングとは、ストレスに対して除去したり、緩和をする手法のことで問題焦点型、情動焦点型、回避型といった3つの手法があるとのことでした。
 問題焦点型のコーピングとは、問題解決に向けて具体的に行動を起こすこと、情動焦点型のコーピングは問題解決に向けて具体的に行動をするのではなく、自分の好きな活動を行うなどして気 晴らし、気分転換をする手法。回避するコーピングは問題を棚上げにして考えるのをやめるといった手法と学びました。
 大切なことは、その時々に応じて3つの手法を使い分けることで、例えば仕事上で何か失敗があった際には、繰り返すことのないように、失敗したことがらについて調べる問題焦点型のコーピングと、物事を引きずらないように肯定的にとらえる情動焦点型のコーピングが有効だと知りました。
 また、回避型のコーピングについては、一見無責任なように感じますが例えば天災など自分の力ではどうしようもない事柄については大きな力を発揮するとのでした。
これらのコーピングを学び、意識してストレスに対処してきたいと感じました。
 ストレスに対処するもう一つの対処法としては、ソーシャルサポートについて学びました。ソーシャルサポ ートとは上司、同僚、家族、友人、専門家から受け取るサポート(情報・助言・助力・技術・資金・物資)のことを指すものと学習しました。
 平成29年度新任職員ステップアップ研修参加者アンケートにおいて、相談することでストレスが解消されたかといった質問に対して、ストレスが解消されたが23%、気が楽になったが58%といったデータも知り、仕事上で困ったことがあった際に自分の中で抱えることなく、打ち明けることと日頃からそうした話ができる関係作りに努めたいと感じました。

 今回の研修では、仕事に対する基本的な姿勢や、成長をする為の考え方。ストレスに上手に対処する方法について学ぶことがことができました。
 学んだことがらをしっかりと復習をし、実践を試みる中で自分の物として身に付けていきたいと感じた研修となりました。




comments (x) : trackback (x) : PAGE UP↑↑↑
{COMMENT}
コメント
{COMMENTLOOP}
{COMMENTBODY}
{COMMENTEMAIL}{COMMENTUSER}{/COMMENTEMAIL} : {COMMENTURL}URL{/COMMENTURL} : {COMMENTID} : PAGE UP↑↑↑ {COMMENTYMD}d/M.D Y G:i{/COMMENTYMD}
{/COMMENTLOOP}
コメントする









PAGE UP↑↑↑
{/COMMENT} {TRACKBACK}
この記事のトラックバックURL
{TRACKBACKLOOP}
{TRACKBACKBODY}
{TRACKBACKYMD}d/M.D Y G:i{/TRACKBACKYMD}
{TRACKBACKUSER} : PAGE UP↑↑↑
{/TRACKBACKLOOP}
{/TRACKBACK}
なごみの里スタッフブログ
横 265 pixel 縦 200 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 265 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。